• #看護師
  • #自分を律する
  • #起業家

ITの力で訪問看護介護業界に貢献する起業家・高木大地さん

様々な分野で働き方が見直されていますが、医療・介護の世界もそのひとつ。この記事では、IT活用によって訪問看護・介護業界を可視化し、働きやすい環境作りに挑む起業家・高木大地(たかぎだいち)さんの生き方に触れていきます。

 

【現在の高木さん】

Q1.高木さんはどんなことをしていますか?

CONE-Xiという会社で代表取締役をしています。「CONE-Xi(コネクシー)」という会社の意味は、コネクション(connection;連結、結合、連接)とシンパシー(sympathy;共感、思いやり)という意味で、個人の持つ大切な想いや価値観を、私達の手で繋いでいくことを大事にしています。

 

元々僕は看護師をしていて、その経験から看護師さんの働き方を変えていきたいと考えています。最初は高齢者の相続事業をしていたんですが、今は、僕が看護師として感じてきた課題を解決していきたいと思って、訪問看護・介護業界向けのバックオフィスシステム「chokowa」を始めました。

それが結果的に社会保障費の削減につながったり、健康寿命の延伸につながっていくことを1つの目的地として、共感してくれる仲間(社員)3名で一緒に事業を遂行しています。

 

 

あとは、赤磐市にある中学校の野球部で地域指導員として関わっています。

 

Q2.訪問看護って何ですか?

病院に行くと呼吸器病棟や脳神経科病棟、糖尿病の専門病棟があったり、、そこには専門のお医者さんや看護師がいる。

 

訪問看護とは、病院ではなくご自宅に看護師が訪問して、そこでケアを提供することです。患者さんが病院に行かなくてもいいんですよ。

 

—―どんな経緯で今の事業を起こしたのですか?

 

訪問看護の起ち上げから運営のコンサルティングから開始をしました。実際に現場も経験をしてきて、訪問看護業界全体を良くしたい!!と思いました。今、現場は優秀なメンバーに任しています。

 

実際に訪問看護現場に携わり見えた課題が、訪問看護師の非効率な作業でした。
利用者さんのおうちに行くので、移動が必ず発生するんですけど、その移動時間がすごくもったいないなと感じていて。本当は+1、2件もうちょっと回れるのになあということがあったんです。

 

そこをIT活用で効率化できないかなと考えて、その仕組みを作っています。

 

 

Q3.野球の地域指導員としてはどんなことを?

きっかけは、赤磐市の職員さんの息子さんが中学校で野球していて、「野球を教える先生がいないから外部コーチとして来てくれないか?」と言われたことです。

 

僕も中学生に野球を教えたことないので、練習に付き合うくらいはできるかなと思ってはじめはやっていました。次第に熱が入り始めて、僕も怒ってしまうときもありました。そのとき、「それって最近の子どもたちに合わないなぁ」って思ったんですよ。

 

そこでふと、「もしかしたらこれって会社の経営やチーム作りに似てるかも。僕自身の勉強になるかも。」と気づいたんです。そこからは本格的にコーチとして子どもたちとの接し方を勉強し始めました。
野球の技術だけ教えるのではなくて、子どもたちが主体的に動ける方法を考えないと野球の技術も向上しないし、人間としても大きくなっていかないなと感じたので、そこを大事にしています。

 

—―子どもへの接し方のポイントはありますか?

 

僕が中学生の頃って、監督やコーチは怖い存在だったんですよ。監督やコーチがグラウンドに来る瞬間って選手は身構えるじゃないですか。それを格好いいなと思っていた自分が間違ってたなと思っていて。

 

子どもたちって見てないようで見ているんですよ。だから、自分を律しないと子どもたちも絶対ついて来ないと思ったので、自分を変えるきっかけにもなりました。

 

かと言って自分がいい人間になれているとは思っていないので、しっかり子どもたちとの対話を大事にしています。対話を通じてコミュニケーションをとって、「この人についていきたい」って思ってもらわないと!と感じてます。

 

—―そう気づいたきっかけが何かあったんですか?

 

僕がコーチに入って2年目の時に、新チームになって強くなるだろうと思ってたメンバーがいて、それで熱が入りすぎて「もっと!!もっと!!!」っていう、勝手にこっちが思ってたんですよ。それは一方通行の愛というか、熱量だったので、冬の練習を終えた後、コロナの影響もあって試合ができない状況になったところで、子どもたちが何人か「辞めたい」って言い始めたんですよね。

 

中学校の先生がサポートしてくれて、結果的に辞めることはなかったんですけど。「ああ、これって僕の責任だな」って思ったんですよね。考え方がそこで変わった、僕の中でターニングポイントだったなと思っています。僕自身は勉強になったんですけど、その子たちの人生の数カ月、そして将来に向けての大切な時間を奪ってしまって申し訳ないと思っている気持ちを、子どもたちに正直に伝えました。

 

【脳内グラフ】

脳内グラフとは、高木さんの頭の中を垣間見て、その割合を数値化したもの。どんなことを日々考えているのか聞いてみたいと思います。

 

会社 80%

仲間と話をする時間をつくるようにしています。チームが働きやすい環境を整えたり、対話の時間をしっかり持てるようにしています。経営は勿論、営業や経理や事業計画も僕がやっています。今では会社メンバーにも参加してもらって、とても心強い存在です。

 

訪問看護ステーションの仲間やケアマネージャーの人たちに、今の事業について相談したりもしています。

 

—―会社経営で大切にされていることは何ですか?

 

自分一人で解決しようとしないことが大事かなと思っています。何でも相談できる仲間がいることは僕の中ですごく大事なので、対等な立場で、親しき仲にも礼儀ありということを大事にしてます。

 

—―それを意識するようになったきっかけとかありますか?

 

社長とかって結構格好いいじゃないですか(笑)だから、会社を立ち上げた当初は僕もちょっと調子に乗ってた時があって、「自分が一番偉いから、自分で全部決めたらいい」と思っていました。

 

その結果、詐欺に遭ったり。笑
「自分を律しないといけないな」と、自分自身が変わろうと思うきっかけになりました。

 

その人の時間を奪ってお話をさせてもらっている時とか、大切な時間を無駄に奪っちゃいけないし、双方にとっていい学びがあったり、いいものが吸収できたらいいなと思うようになりました。

 

勉強 20%

今は、起業家としての心構えやチームづくり、事業の考え方など、新しい事業を考えていくにあたって必要なことを勉強しています。

 

[オフのとき]

オフのときは、家族のことが70%。土日や平日の夜に子どもと遊びます。

 

次に、友人関係・趣味が20%で、ゴルフや野球をしています。読書や一人で温泉にいったり、できたら趣味にしていきたいなってものがその他で残りの10%ですね。

 

【人生の履歴】

第1章 中学生、看護の原点

母親が看護師だったので、職場に僕も行かせてもらいました。「このおばあちゃんの手を握って居てあげて」と言われて、ずっと隣に座って手を握ってたんですよ。そのおばあちゃんは認知症のおばあちゃんで、椅子から立ち上がったり怒りっぽい人だったようなんですが、そのときは何事もなく、手をずっとさすってくれました。

 

そんなおばあちゃんの手を握っていていると、「今日もありがとねぇ」って言って、500円と飴玉をもらったんですよ。その時「看護師いいかも」と思いました。

 

第2章 家に帰るのも野球するのも辛い

中学生のときに始めた野球は、とても強いクラブチームでした。ところが、僕らの学年が3年に上がるとチームがすごく弱くなるんですよ。監督やコーチに「先輩はあんな活躍できた。でもお前らは・・・」みたいなことを言われていたので、辛い中学校生活でした。

 

その当時、父親も厳しくて。家に帰るのも嫌だ、野球行くのも嫌だ、みたいな感じでした。もうどこへ行っても自分の帰る場所ないみたいな(笑)だから、学校は唯一、自分が好き勝手にできる環境だったんで、好きでしたかね。

 

第3章 辛い生活は高校も続く

勉強は得意ではなかったので、「体育科っていうのが勉強せんでええらしいで」という話を聞いて、高校は体育科へ進学したんですが、それが間違いでした(笑)
体育科の先生も先輩もめちゃくちゃ怖くて、すごく厳しかったんです。

 

1・2年生のときが特に地獄でした。中学時代よりも、帰る場所が余計なくなりました。だから僕は、もうプレーヤーとして頑張るしかないと思ってひたすら努力しました。「先輩たちと対等に話せるようになるには、やっぱりレギュラーになることだ。2年生で絶対レギュラーになってやる!」と考えてました。その結果、2年生からレギュラーになりました。

 

今では体育科で学んだことは、野球の指導にも活かせているので、間違ってなかったなと(笑)

 

第4章 蘇る看護師への道

ずっと男くさい環境で数年もまれていたので、「男だったら料理人がいいんじゃないか?」と、看護師の道を当時ちょっと忘れていました。
3年生のときに怪我をしてしまったのですが、無理やり最後の大会に出ました。そしたら対戦相手にボコボコにやられて。「こんな調子じゃ野球は絶対できないな」と思って、途方に暮れてました。

 

そんな時、小・中学生時代に行っていた母親が看護師をしている施設に行くようになりました。今度は手を握るだけじゃなくて、母親のサポートに入ったりしていたら、当時の記憶が蘇ってきたんです。面白いなと思って、看護師になると決めました。その時は、他にやることがなかったんで、「じゃあ、看護師になろう」っていう感覚でした。

 

そして、旭川荘厚生専門学院に入学しました。ずっと野球漬けだったので勉強も全くできないし、体しか動かしたことなかったので、看護師の道でちゃんとやっていけるか不安でしたが、なんとか卒業できました。これから先ずっと僕は看護師の道を目指そうと思ったのが21歳くらいです。

 

第5章 病院で働くなかで

最初に働いた病院では、先生や先輩からのプレッシャーもすごくて、顔面神経麻痺になりました。体育科の時にはならなかったのに、看護師になってからのストレスの方が意外と・・・みたいな(笑)
本当にストレスって自分では、気づかぬうちに溜まっているってよく言うので気をつけてください。

 

次の職場に選んだ施設では、前の病院とまた風土が異なりました。その風土に合わせて、勉強を頑張ろうかなと思いまして。
そこは重症心身障害児の利用者さんが多く、言葉をうまく伝えられなかったり、意思疎通が難しい方が多かったので、「意思疎通の難しい人に対して、リラクセーションは本当に通用するのか」について研究していました。

 

第6章 起業の気持ちが強くなる

看護師としての道の先、最終ゴールは看護部長や病院の理事になることなのでしょう。ただ僕は、研究等を通じて業界全体を良い業界にしたいという想いが強くなりました。看護師のレールではなく、違うレールの上を走ってみたい感じ、単純に社長だと思いました。笑
「社長になってこの業界を良くしていきたいな」と思ったのが、起業のひとつのきっかけです。

 

そこから起業をずっと考え始めていて。2015年に知り合いに誘ってもらい外科クリニックに転職しましたが、働くうちにやっぱり自分でやりたいなという思いが強くなり、2017年に起業しました。

 

TOP